流れ

プロポーズが成功したあとの手順をご紹介!

本当の夫婦になるために

プロポーズが無事に終わったら、婚約や結婚に向けて何をすれば良いのか確認しておきましょう。結婚は2人だけのものではなく、お互いの家族、特に両親にも大きな影響を与えるイベントです。良好な関係を築いていくためにも、できるだけ準備をスムーズに進めなければなりません。

そこで今回は、プロポーズが成功したあと結婚に向けての主な手順を紹介します。

両親への挨拶がマナー!

両親への報告

プロポーズが成功したら、結婚に向けてさまざまな準備をしていくことになります。/p>

その最初の手順が、双方の両親へ挨拶することです。
後回しにすると印象を損ねてしまい、関係性が悪くなる恐れもあるので、速やかに報告に行きましょう。
ただし、急いだほうが良いからといって、何も準備せずにいきなり訪れるのはよくありません。
まず、自分の両親に連絡して、挨拶に行くスケジュールを相談する必要があります。
このときのポイントは、両親の都合を優先して決めることです。挨拶する場所についても、実家やレストランなど両親の希望に沿うところを選びましょう。

結婚の報告以外にもいろいろな話をすることになるので、あらかじめ話題を用意しておくことも忘れてはいけません。
事前にお互いの両親について、趣味や性格、経歴などの情報を教えあって、話題を考える際の参考にすると良いでしょう。
身だしなみに関する準備も忘れてはいけません。スーツやワンピースなど上品で清潔感のある服装を選ぶのが基本です。
呼び鈴を鳴らす前にコートを脱ぐなど、当日の作法についてもチェックしておきましょう。両親の好みを考慮して手土産を選ぶことも大切なポイントです。

このように注意すべきことは多いですが、最も大切なのは

けじめとして誠意を込めて結婚の報告をすること

です。

顔合わせは親主導で!

両親への顔合わせは親主導で

挨拶が無事終わったら次の手順として、双方の両親の顔合わせを行います。

結婚式の準備は新郎新婦が主導で進めますが、顔合わせは親主導で行うのが一般的です。ただし、言われることに従うだけでなく、両家の間を取り持つ役割をしっかり果たす必要があります。顔合わせは、基本的にはカジュアルな食事会のようなスタイルです。結納と違って決まりのある儀式ではなく、あくまでも親睦を深めることが目的です。しかし、気軽に構えすぎているとトラブルが起こる可能性もあります。両家は一生付き合っていくことになるので、お互いに良い印象を持ってもらえるように十分配慮しなければなりません。

たとえば、両家が離れている場合は、アクセスの利便性を考えて慎重に場所を選ぶ必要があります。
両家から特別な希望がない場合は、なるべく中間の場所を選んで、双方の負担を減らすようにしたほうが賢明です。どちらかに近い場所を選ぶと、もう一方に不快感を与えることになりかねません。
店を予約するときも、双方の両親の好みを考慮して問題のないところを選ぶことが大切です。落ち着いて話せるように、個室がある店を選択しましょう。
服装に関しても差が出すぎないように、両家の間に入って調整するのが望ましいです。このように、

顔合わせでは両家のバランスを常に意識しておくこと

がポイントです。

結納や結婚式の打ち合わせ!結婚指輪は早めに準備

スケジュールは綿密に

結納や結婚式は厳粛な儀式なので、打ち合わせをして慎重に準備をしなければなりません。両家を仲人が行き来して結納品を届けることによって、婚約の意思を確認し合うのが正式な結納です。

しかし、料亭やホテルなどで結納品を渡すだけで済ませる略式の結納も増えています。
両家の地域が異なれば、風習やしきたりも異なるケースが多くなります。打ち合わせで両家が望む結納の形式を確認し、両家ともに納得できる折衷案を考えましょう。
形式が決まったら具体的な段取りを考え、結納品や結納返しに関しても相談する必要があります。
仲人を立てる場合は、誰に依頼するのかを早く決めることが重要です。立てない場合は、進行役を誰に頼むのか決めることになります。

結婚式の打ち合わせは、数回に分けて行うのが普通です。

基本的にはウェディングプランナーのアドバイスのもとで、準備の段階に応じて必要なことを決めていきます。最初は結婚式全体の概要について決めて、衣装や招待状などについて方針を固めます。2回目からは料理や演出などの詳細をつめていき、最後の段階では司会者も交えて当日の手順を確認するのが一般的な流れです。結婚指輪は最後の段階になってから購入するのではなく、なるべく早めに準備しておいたほうが良いでしょう。衣装を選択するときに相性を確かめたり、前撮りの際につけたりできるので重宝します。

まとめ

プロポーズの準備を念入りにする人は少なくありません。その成果が出て成功すると、2人は大きな幸福感に包まれるでしょう。

しかし、いつまでも浮かれている場合ではありません。プロポーズのあとのほうが準備することは多いからです。結婚を成功させるために、やらなければならないことが2人を待っています。特に直前になると、非常に慌ただしくなりがちです。結婚指輪を準備する時間をとりにくくなるので、早い段階でじっくり選んでおくのがおすすめです。