準備

結婚指輪選びに悩んでいる方へ

悩む男性

結婚してから生涯身につけることになる結婚指輪。一生に一度の買い物ですから、選び方や予算、デザインでお悩みの方も多いかもしれません。

結婚指輪は一般的に「2人で一緒に選んだ」というカップルが多数。
予算は20万円~25万円が相場ですが、それぞれの事情によって指輪選びのポイントは異なるようです。

ここでは結婚指輪選びに悩んでいるカップルへ向けておすすめの買い方、予算、人気のデザインについてご紹介しています。

一人で選ぶか、結婚相手と一緒に決めるのか?

結婚指輪選びでまず迷うのが、一人で選ぶか、または結婚相手と一緒に決めるかでしょう。一般的には、結婚式前に2人で店舗に出向いて一緒に選んだカップルがほとんどのようです。

その理由として挙げられるのは、やはり「一生身につける指輪だから、2人が納得のいくデザインを相談して決めたかったから」。

実際に試着すると似合う、似合わないが分かりやすいですし、サイズが微妙に合わなかったという失敗もありません。

一方で、男性が一人で選んだというケースも一定数あります。理由としては、「サプライズで渡したかったので、事前にこっそり一人で買いに行った」というものが多く見受けられます。

相手の好みや指のサイズをよく知っている場合は、一人で選ぶのもアリでしょう。

なかには、「かなり高い指輪を買ってくれていたが、一緒に選んだら遠慮してもっと安いのにしてしまっていたと思う」という女性側の意見もあります。場合によっては男性が一人で選んであげた方が喜ばれることもあるようです。

とは言え、一人で購入して後から思わぬトラブルにならないためにも、事前に相手の意思や希望はさりげなく聞き出しておいたほうが無難でしょう。

予算の相場は2人分合わせて20万円~25万円

結婚指輪選びはとても大切な作業ですが、一方で新婚となると新居の準備、結婚式の準備などでこれから出費がかさむことが予想されます。
そこで、結婚費用の全額を見積もった上で結婚指輪にかけられる予算を算出しておくのがおすすめです。

結婚指輪には数万円~100万円台まで、実にさまざまな価格帯のものがありますが、平均金額で言うと、2人分合わせて20万円~25万円というのが相場のようです。

相場
意外と安い?20代が買う婚約指輪の相場は20~30万円!婚約指輪に関してはよく「給料の3カ月分」と言われますが、これはかつて欧米から日本に婚約指輪という考えが持ち込まれた際、とあるジュエリーブ...

男女別にみると、男性の指輪が11万円前後、女性の指輪が13万円前後が平均的な価格帯。女性の指輪にはダイヤモンドなどが付くこともあるため、若干高めの設定となっています。

事前にある程度の予算を決めてからお店に行くと、その場の雰囲気に踊らされて不釣り合いなものを買ってしまったという失敗も少なくなりますし、予算を伝えることで店員さんもより適した商品を提案してくれるのでおすすめです。

ちなみに、かつては男性が結婚指輪の費用全額を出すのが当たり前とされていましたが、共働き世帯が多数を占めるようになった現代では、結婚指輪の代金は割り勘というカップルも少なくありません。

もっとも、カップルごとに事情が異なるでしょうから、予算面やどちらが費用を持つかといったことに関しては、事前に2人で意思を確認し合っておいた方が無難でしょう。

年齢を重ねても身につけやすいシンプルなデザインが人気

結婚指輪のデザインを決めるに当たってはまず、フルオーダーメイドと既製品のいずれを選ぶかを決める必要があります。

フルオーダーメイドは指輪の素材から形、サイズまでを、個人の希望に合わせて一から作るものです。自分たち好みの、世界で二人だけの結婚指輪が手に入るのが何よりのメリットです。

もっとも、製作期間には相当の時間が必要ですから、式の日取りが決まっている場合など、時間に限りがある時にはおすすめできません。また事前に実物を確認できないため、出来上がったら想像していたのと違った…というリスクもあります。

既製品だと事前に試着ができ、納得した上で購入できますし、注文から受け取りまでが短期間で済むところが便利です。一方で他人と被ってしまうこともあるのが難点で、知人の夫婦がつけている指輪と同じデザインなどは、いくら気に入っても選びにくいのも事実。

既製品でも個性を出したい場合は、有名ブランドではなく知る人ぞ知るこだわりのメーカーなどから探してみるのも一つの手です。

デザインを選ぶポイントとしては、「年を取っても似合うものかどうか」「婚約指輪がある場合は、重ね付けがしやすいデザインか」といった点が挙げられます。

一般的には年齢を重ねても身につけやすいシンプルなデザインを選ぶ人が多く、変形、変色しづらいプラチナ素材が一番人気です。

将来的に修理やサイズ変更、リフォームが必要となる場合もありますから、保障制度やアフターサービスが充実したお店で購入するのも大切なポイントです。