贈り物

思わず涙!感動的なプロポーズの言葉は何がグっとくるの??

感動する伝え方

プロポーズは、交際している男女にとって結婚という次の幸せのステージに向かうための大切なステップです。

男性から女性にかける求婚の言葉はとても重要です。

男性はかっこいい言葉で決めたいでしょうし、女性は一生胸に残るような言葉を期待しているのではないでしょうか。

ここでは、一生に一度の思い出となるプロポーズの代表的な言葉を紹介していきます。

代表的なプロポーズの言葉

 1.「結婚しよう」

もうストレートです。

プロポーズの言葉は男性から女性に「結婚したい」という気持ちを伝えるためのものです。意中の女性に思いを伝える決意をしてから、恋愛小説や映画の台詞を調べて参考にしようとしている男性もいるかもしれません。

しかし、妙に凝った表現でちょっと考えなければ分からないような言葉は反対に女性を思う気持ちが伝わりにくい可能性があります。

何も誤解される心配がなく、結婚したいという思いを一番わかりやすく伝えてくれる言葉です。少しシンプルすぎないかなと思う男性もいるかもしれませんが、ストレートなプロポーズに憧れる女性も多いのではないでしょうか。指輪と共に送られた直球勝負の言葉が、彼女の胸に響くことでしょう。

2.「僕のお嫁さんになってくれますか?」

問いかけ形式のこの言葉は、彼の謙虚な気持ちの表れかもしれません。自分に自信はないけれど、あなたと結婚したいという謙虚だけれど強い意志が感じられます。この言葉を投げかけられると、つい彼女の方があなたを「守ってあげなきゃ!」と感じるかもしれません。女性の母性本能をくすぐる言葉です。

ただし、相手によっては歯切れの悪い疑問形を嫌う場合もあるので注意が必要です。また「そろそろお嫁さんになる?」「とりあえずお嫁さんになる?」といったように、仕方ないニュアンスが含まれる言葉も避けましょう。照れくさい気持ちから出てくる言葉かもしれませんが、彼女に失望される可能性もあります。

3.「僕の家族になってください。」

結婚というイベントだけでなく、その先まで見据えた素敵な言葉です。結婚は大切なイベントですが、その先に2人の家族としての新しい生活が長く広がっています。これから先の2人の未来まで考えていることが伝わるこの言葉は、あなたのプロポーズを受けることへの安心感につながるでしょう。ともに未来を歩んで行く気持ちをお互いに確認できるプロポーズの言葉も、とても素敵です。

相手との関係性によっては「毎日味噌汁を作ってほしい」や「同じ苗字で生きて行こう」といったような言葉も、未来を見据えたプロポーズの言葉としてはよいかもしれません。

誠心誠意のプロポーズで彼女に思いを伝えよう

どんなに流暢に台詞を言っても、書籍やネットから借りてきた言葉によるプロポーズは女性の心を動かすことはできないでしょう。

反対に、たとえ話し下手で言葉に詰まっても、一生懸命に自分で考えた言葉でするプロポーズは相手の女性に涙を流させるでしょう。

真心のこもっていない言葉は、どんなに凝った表現でも人の心を動かすことはありません。

プロポーズをその男性の真意を見極める場として考えている女性もいるかもしれません。余計な飾りのない、相手を愛する気持ちが詰まった言葉でプロポーズすることが何よりも大切ではないでしょうか。

▼プロポーズから結婚までまとめた記事はこちらから▼