プロポーズ

口にするタイミングはいつ?女性のプロポーズ待ちのサインとは?

悩む女性

男性が婚約指輪を渡し、プロポーズするには相応のタイミングがありますが、女性のプロポーズ待ちのサインは非常に繊細で見逃しやすいものです。

もしもタイミングを逃してしまうと、女性は男性に失望し、プロポーズを受け入れてくれなくなる可能性もあります。

ここでは、プロポーズのタイミングについて解説していきます。

女性がプロポーズ待ちになってしまう理由とは?

プロポーズで悩む女性
女性がプロポーズに対して「待ち」の姿勢をとり、自分から男性に言い出さないのは理由があります。

まず、男性にプレッシャーをかけたくないという思いがあるからです。

婚約は人生の一大事であり、婚約指輪の調達から親戚への挨拶まで済ませておくべきことが山積みです。

女性から男性をあおって、「重い女」だと思われたくないケースは多いのです。

男性の気持ちを信頼しているからこそ、気長に待ってくれる女性もいます。男性がプロポーズを考えているとき、態度に出てしまっている人は珍しくありません。

しかし、あえて女性は気づかない振りをして、男性のプロポーズに驚いた演技をしてあげるのも優しさのうちでしょう。 ただし、全ての女性が「待ち」になるだけではありません。

当然、自らプロポーズを受け入れる準備ができていると、露骨にアピールしてくる女性もいます。

しかし、パートナーの男性が鈍感だと女性のアピールを見逃し「女性がプロポーズに関して真剣に考えていない」と勘違いしてしまうのです。

こうした事態はカップルの信頼関係にも影響するので避けたいところです。

女性が見せるプロポーズ待ちのサイン

プロポーズ待ちのサインに気が付こう
女性が結婚した知人の話をよくするようになったら、かなりの確率でプロポーズ待ちのサインです。

特に、婚約指輪や新居など話が具体的であればあるほど、女性側の結婚願望は高まっている可能性があります。

デート中、夫婦や子供に遭遇したときのリアクションにも注目してみましょう。

今までは何も言っていなかったのに、「うらやましい」「かわいい」などの言葉を発するようなら、プロポーズを受け入れる準備が整ってきています。

将来の話をしてくるのも、男性との生活を現実的に構想しているからでしょう。

未来のない相手と将来について語り合いたいと考える女性はごく少数派です。

男性を伴侶とする価値があると認めているからこそ、「たら」「れば」の話を持ち出せるのです。

女性の行動パターンが変わるのもプロポーズを待ち望むようになった心の現われです。

夜遊びや飲み会が大好きだった彼女が、家庭的で大人しくなっていくのは結婚にそなえているからでしょう。

結婚生活にそなえ、生活リズムを変えようと努力しているのです。

男性の皆さんはこれらのサインを見逃さず、プロポーズにつなげたいところです。

プロポーズ待ちが長引く前に想いを伝えよう

プロポーズで感動させる
プロポーズ待ちの状態が長引きすぎると、デメリットが次々と顔をのぞかせます。

まず、いずれかが待ち疲れてしまい、最悪の場合、破局が訪れます。

「プロポーズ待ち」になっている時点で、女性には結婚願望が芽生えているということです。それでもプロポーズされないなら「婚期が遅れる」と解釈されても仕方ありません。

カップルの終焉につながるのも女性にとっては論理的な選択でしょう。

たとえ破局はしなくても、「プロポーズ待ち」をじらされる期間は、良い影響を与えません。

じらされる女性側は男性側に不満をつのらせ、イライラしてきつく当たるようになります。一方、男性側も女性の態度に怒り、関係は悪化していきます。

もしも女性のプロポーズ待ちが分かったら、男性は早く決断を行いましょう。

結婚は一生を左右する大切なイベントであり、それを望んでいる相手にプロポーズを先延ばしにするのは失礼です。そのうえ、彼氏としての尊厳も大きく傷つけられてしまうデメリットがあります。

可能なら女性がプロポーズ待ちになる前から婚約指輪を調べるなどして準備をしておき、スムーズに女性の気持ちに応えられるようにすることをオススメします。