報告

プロポーズされたら親に報告!失敗しない結婚挨拶のポイントは?

両親への報告

プロポーズでお互いの結婚の意志を確認できたら、挙式や入籍などの準備に取りかかることになります。

その最初のステップとして欠かせないのが両家の親への結婚挨拶です。

失敗してしまうと、その後の準備や関係づくりに支障が出てしまうかもしれません。お互いの親に良い印象をもらうためにも必要なマナーを学んでおきましょう。

結婚報告と挨拶までの流れは?

結婚報告と挨拶までの流れ

結婚に向けて本格的な準備を始める前に、プロポーズされたら親への報告を行う必要があります。

しかし、いきなり家に行って話そうとするのは良くありません。まず、それぞれが両親に電話をして、「結婚を考えている人がいます」というように結婚の意思を伝えましょう。

そのときに、挨拶にいく日取りを相談して決めておきます。両親の都合を重視しつつ、できるだけ他の予定が入っていない日を選んでもらうのがポイントです。

挨拶だけでは終わらずに、話が弾んで食事に出かけたりする場合もあるからです。同じように、相手の両親に挨拶をする日取りは、相手とその両親で相談して決めてもらいます。

また、挨拶にいくまでは結婚式の場所や日程、挙式のスタイルなどを決めてはいけません。

結婚は2人だけのものではなく、両親も大きく関わるイベントです。先に決めていると、軽視しているような印象を与える恐れがあります。したがって、両親の意向を尊重して決め姿勢を見せることが大切です。そうすることで、親として子どもの結婚を応援してあげたい気持ちが強くなるでしょう。

第一印象が大切!結婚挨拶に相応しい服装や手土産のポイントは?

結婚報告の手土産のレベル

第一印象が良いと、雰囲気が良くなるので結婚挨拶がしやすくなります。

そこで重要になるのが服装や身だしなみに気を使うことです。

男性ならスーツ、女性ならスーツやワンピースというように、きちんとした装いで行くのが理想的です。

そうすることで、結婚挨拶をどれだけ厳粛なものであると考えているのか伝えられます。清潔感のある服装なら必ずしもスーツやワンピースである必要はありません。ただし、いくら清潔であっても、Tシャツやジーンズなどのカジュアルな服装は避けましょう。下着が透けて見えたり、スカートの丈が短すぎたりするのもNGです。

また、手土産を用意しておくのも結婚挨拶のマナーです。

2人のために時間を割いてくれたことに対するお礼の意味があります。相手の家の近所に着いてから買おうと考えていると、選択肢が少なくなるので要注意です。両親の好みを考慮して、前もって菓子類などを用意しておきましょう。手土産の相場は2000~3000円程度です。

失敗しない結婚挨拶当日のマナー

プロポーズにはスーツは着用したほうが良い?

プロポーズされたら結婚挨拶に行く順番についても注意しなければなりません。

受け入れるほうが先に挨拶をするのがマナーです。一般的には、男性側の籍に女性を受け入れるため、先に男性が女性側の両親に挨拶します。

当日は、くれぐれも約束の時間に遅刻しないようにしましょう。ただし、早すぎる訪問も迷惑なので5分前ぐらいの到着を心がけます。玄関先に着いたら、すぐにチャイムを鳴らさずに。コートを脱いでおく必要があります。両親が迎えに出てきたら、はっきりした口調で挨拶しましょう。家に入るときは、脱いだ靴を玄関の端にそろえておきます。

また、相手の両親の呼び方は迷いやすいポイントです。

まだ結婚していないので「お義父さん」や「お義母さん」と呼んではいけません。「良子さんのお父さん」「一郎さんのお母さん」のように呼ぶと良いでしょう。同様に、結婚相手の呼び方にも気を配る必要があります。普段の呼び方があだ名や呼び捨てであっても、相手の両親の前では、名前に「さん」を付けて呼ぶのがマナーです。

自信を持って結婚挨拶へ!

両親への報告

到着してすぐに本題を切り出すことはやめましょう。

事前に相手と相談をして、両親の好きそうな話題を考えておくことが大切です。気候などの無難な話から始め、そのような話題に少しずつシフトさせて距離感を縮めます。

臨機応変にその場で話すことも大切ですが、下ネタやお世辞は不快感を与えやすいので避ける必要があります。また、宗教や政治といった信条が関わる話もデリケートなので望ましくありません。親睦が深まったと感じたらいよいよ結婚挨拶です。

「〇〇さんと結婚させてください」というように、誠意を持って気持ちをストレートに伝えます。

「娘さんをください」というように、相手を物扱いする表現を不快に感じる親もいるので気を付けましょう。女性の場合は、家事の手伝いをする姿勢を見せると好印象を与えやすいです。

両親から食事の誘いなどがない限り、長居するのは良くありません。お酒を勧められたとしても、飲み過ぎない注意が必要です。家が遠方の場合は、あらかじめホテルを予約しておきましょう。挨拶が終わってからだと探すのに苦労する恐れがあります。お礼状はできるだけ早く出すことが大切です。遅くても1週間以内には出しましょう。

結婚挨拶を乗り切って結婚準備を進めよう!

結婚挨拶は、結婚に向けての最初にして最重要なイベントといっても過言ではありません。

無事に終えることによって、安心して準備を進められるようになります。2人で進めるのが難しい場合は、両親がサポートすることを提案してくれることも珍しくありません。ポイントになるのは、結婚を心の底から祝福したいと思ってもらえる関係を築くことです。プロポーズされたら結婚挨拶を成功させて、スムーズに結婚準備を進められるようにしましょう。