豆知識

【結婚指輪の選び方】こっそり教える5つのポイント

内緒の話

結婚指輪を選ぶ際、重視するポイントは人それぞれです。

例えば好きなブランドがある人は、「絶対にそこの指輪が良い」とこだわりを持っているのではないでしょうか。

一生身に着ける結婚指輪は、基本的に買い替えはしませんし、後悔のないように選びたいものです。

こちらで、上手な結婚指輪の選び方のポイントを5つ紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.婚約指輪とのバランスを見る

結婚指輪は、女性が希望するデザインやブランドのものを選ぶカップルが多いと思います。

その際、女性に意識していただきたいのが、婚約指輪とのバランスです。
プロポーズされた際などに婚約指輪をもらうという方は多いと思いますが、結婚指輪に比べて婚約指輪はインパクトのあるデザインである事が多いです。

例えば、ダイヤが付いていたり、メレダイヤがちりばめられていたりと、華やかなデザインのものが多くあります。それに加えて、結婚指輪を重ねて付けるとなると、バランスが重要です。

そのため、シンプルな結婚指輪を選べば、華やかな婚約指輪とのコントラストで、どちらもより映えますよ。

2.ピッタリのサイズを選ぶ

女性に多いのが、将来の体型の変化などを気にして、一回り大きいサイズを選んでしまう事です。

今は7号なのに9号等とゆとりがありすぎる指輪のサイズを選んで後悔してしまうケースは多いです。

基本的にブランド店で指輪を買った場合、有料にはなりますがサイズ直しをする事も可能ですし、そもそもずっと指に付けていれば、急激に太らない限り指輪のサイズが変わる事はありません。

大きめのサイズを選ぶと落としてしまう可能性も

もし今の自分の指にピッタリのサイズを選ばなかった場合、指から抜け落ちてなくしてしまう可能性があります。

家の中なら排水溝などに落として取れなくなる可能性がありますし、外出先で落とした場合は見つけるのはかなり困難です。

3.自分の手の形に合ったデザインを選ぶ

女性も男性も人によって、手の形、指の形は当然ながら違います。

華奢な手、厚みのある手、ゴツゴツした手、関節が太い手など様々。指輪によって幅やフォルムが異なるので、好みだけではなく、自分の手、指に合ったものを選ぶとより愛着が湧きます。

似合う人と似合わない人がいる

指輪の幅やフォルムにはかなり種類があり、それぞれのブランドによっても扱っているものが異なります。

例えば、華奢な手をしている女性が太めの指輪をしたらどうでしょうか?
かなりの違和感を覚えると思います。

華奢な手の方には細めの物や波型のもの、ゴツゴツした手の方には太めでしっかりと存在感のあるものがおすすめです。

しかし、二人の手の形が全く違う事がほとんどだと思いますので、どういった方にも似合うのが、指輪の形で一番オーソドックスな2.5ほどのストレートタイプが良いでしょう。

4.既成品かオーダーメイドかで選ぶ

既製品で良い方、オーダーメイドが良い方、セミオーダーが良い方など様々だと思いますが、それらは先にお二人で話し合っておく必要があります。
オーダーメイドにする場合は予算も高いですが、自分達だけのオリジナルの指輪が完成します。

一方既製品は、結婚式まで時間がない方や気に入ったブランド、デザインが決定している方におすすめです。セミオーダーは、オーダーメイドをするほどこだわりはないけど、少しだけ既製品と変えたいという方におすすめです。

インターネット等で情報収集をする

結婚指輪は既製品か、オーダーメイドかで大きく価格が変わってきますが、相場や手順など細かい情報を知っておく事も大切です。

インターネットや結婚情報誌などに掲載されているので、気になる部分をチェックしておきましょう。

5.素材で選ぶ

結婚指輪は主にシルバー、プラチナ、ゴールドで作られている事が多いですが、金属アレルギーの方向けにチタンやジルコニウムなどでも作られているものがあります。

普段から結婚指輪を付けて生活をする方が多いと思いますが、より傷つきにくい素材を選ぶ事が大切です。

特に水仕事をする事が多い女性は、弱い素材だと指輪の劣化や傷の原因となってしまうので注意が必要です。

最も強い素材はプラチナ

数多くある素材の中でも特におすすめなのがプラチナです。
シルバーのような輝きを持ちながらも、傷がつきにくく、変色もしないのが魅力です。

さらに、金属アレルギーを起こす可能性もかなり低いとされています。

それらのメリットから価格は少し高めにはなりますが、長く身につけるものなので、少々高くてもプラチナのリングを選ぶ事をおすすめします。

まとめ

「自分は何でも良い」と結婚指輪選びを女性任せにしてしまう男性も多いかもしれませんが、一生の宝物になるので、後悔しないためにも二人でしっかりと話し合ってください。

お互いが納得する形、デザイン、買い方、素材について意見を固めておけば、あまり悩む事もありませんし、お気に入りの指輪が見つかるはずです。